So-net無料ブログ作成
検索選択
ウエア ブログトップ

ロングウォーマー人気の秘密を探ってみました(その3) [ウエア]




その2の詳細情報で、ロングウォーマーの機能・性能・使用方法について書きましたが、
改めて、人気の秘密をまとめさせて頂きましょう。



まず「デザイン」ですが、ロングウォーマーと言いながら、
足先は意図的にショートカットされていますね。
これは、なぜでしょうか・・・・・・?

これはあまりにも温かいので、足の蒸れを防止するために、
デザイン的にカットしています。

それだけ、温かさには自信があるのです・・・・・・。
自信を示す他の例に、その1でも述べましたが、
これまで電気アンカを併用し就寝していた顧客が、アンカを手放したとか・・・・・・、
この手の話はたくさんあります・・・・・・。




また、カラバリはブラックグレイピンクの3色を揃えています。
この手のアイテムとしては、カラバリとして多くはありませんが、
インナウエアの基本色は抑えた構成となっています。




つぎにお値段ですが、一般にお値段と機能・性能とは密接な関係があります。
ロングウォーマーより性能(温かくない・伸びないので履きずらい)や、
機能(ズレ落ちたり防止機能なし、・・・)が劣っているものが、
お値段は高いという例を、読者の皆様は容易に思い出すでしょう。




この品質で、このお値段であれば、割安感がずっとありま・・・・・・す。
その上業界でもっとも勉強価格のショップです。


⇓寒い季節をのびーる温く温くロングウォーマーで温かく⇓





nice!(0) 
共通テーマ:ショッピング

ロングウォーマーの詳細情報(その2) [ウエア]

ロングウォーマーを着ると、どうして温かくなるのでしょうか。
その仕掛けについて調べてみました。



その1でご説明した、発熱繊維にそのワケがあります。
発熱繊維とは、遠赤外線を放出するセラミック練り込み繊維のことです。
その他にも繊維の織込構造がふんわりし、又のびる鹿の子編みとなっており、
暖かい空気の層を作り、薄くても熱を外部に逃しません。
なぜなら、空気層は熱を伝えにくい性質があるからです。
素材も優れていますが、素材構造でも知恵を出しています。



その他にも、ロングウォーマーには他社製品に見られない優れた特長があります。
ひざ頭の部分に、上下にずり落ち防止編み構造が施してあり、
大腿まで伸ばしても、下方に下がりにくい織物構造となっています。
ひざ頭は凸部になっていますので、ここにストッパー構造を入れると決して下がりません。
この会社の技術者は、大変知恵が回ります・・・・・・。




「のびーる温く温くロングウォーマー」使用法はいろいろあります。
 ○ベッドの上では、ロングウォーマーにパジャマを羽織ります。
そうすれば冷えて眠れないことはまずありません。
○伸ばして着けて、スラックス下に着ける。
クシュクシュ下げて足首ウォーマーに。
○レギンスの上に合わせて防寒対策もアリですよ・・・・・・。



いま、冷え性の方への朗報を書きましたが、冷え性だけにはとどまりませんよ。
その他にも、次の心配をお持ちの方も参考にしてくださいネ。

●血行が悪く、足の末端の毛細血管まで血液が流れにくく、足のむくみが気になる方。
●日々のデスクワークが長時間にわたり、足元が冷えやすい方。
エアコンの温度は、床付近では表示室温より低いのが一般です)
●東日本大震災で停電も経験した方々で、暖房費をできるだけ節減したい方
 家族で着用すると、暖房費のダウンは間違いないでしょう。
●エコのため、エネルギーをできるだけ使いたくない・・・・・・。


是非ロングウォーマーについて、参考情報にしてくださいね。



⇓詳細を知るほどわかるのびーる温く温くロングウォーマーの良さ⇓








nice!(0) 
共通テーマ:ファッション
ウエア ブログトップ