So-net無料ブログ作成

渡辺和子  花が咲く   キリスト教 [心のケア]




渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」は、
読者の人生における能力を最大化させる本です。



なかなか巡り合うことが稀な本ですが、
一読しますと、
今の時期咲き乱れる、
紫陽花の花を見たような、
救われた気持ちになります。



逆説的な表現が多い文章ですが、
よく読みますと、
ハタと気づきが多い本です。



本著は,4章から構成され,合計159頁で構成される本です。
どこから,読み始めても響くものを感じさせる本です。
下記の目次を,読みたいと思った項目からご覧ください。



いずれの項目も珠玉の文章でつづられています。
毎日1項目ずつ読むのも一つの読書法でないでしょうか。
そのくらい深い内容が盛られていますよ。



あじさい寺.JPG



以下に目次を書きます。

註 項目の末尾数字は、ページ数を示します。

はじめに

第1章

人はどんな場所でも幸せを見つけることができる10
一生県命はよいことだが,休息も必要16
人は一人だけでは生きてゆけない19
つらい日々も,笑える日につながっている。22
神は力に余る試練を与えない25
不平をいう前に自分から動く28
清く,優しく生きるには31
自分の良心の声に耳を傾ける35
ほほえみを絶やさないために39


第2章

人に恥じない生き方は心を輝かせる44
親の価値観が子供の価値観を作る47
母の背中を手本に生きる50
一人格として生きる53
「いい出会い」を育てていこう56
ほほえみが相手の心を癒す59
心に風を通してよどんだ空気を入れ替える64
心に届く愛の言葉67
順風満帆な人生などない72
生き急ぐより心にゆとりを77
内部に潜む可能性を信じる80
理想の自分に近づくために83
つらい夜でも朝は必ず来る86
愛する人のためにいのちの意味を見つける89
神は信じる者を拒まない92

第3章

いぶし銀の輝きを得る96
歳を重ねてこそ学べること100
これまでの恵みに感謝する103
ふがいない自分と仲良く生きていく106
一筋の光を探しながら歩む109
老いをチャンスにする112
道は必ず開ける117
老いは神様からの贈り物120

第4章

あなたは大切な人124
九年間に一生分の愛を注いでくれた人127
わたくしを支える母の教え132
2%の余地135
愛は近きより140
祈りの言葉を花束にして145
愛情は言葉となってほとばしる148
「小さな死」を神にささげる152

人名・用語辞典138



↓この本のご用命はコチラ↓


nice!(1) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。